枠練り石鹸とは何ですか?

石鹸は製法から「機械練り石鹸」と「枠練り石鹸」に分けられます。

機械練り石鹸とはその名の通り、全工程を機械で作る石鹸のことです。
材料を機械で一気に練り上げ、そのまま機械で押し出し成型するので、大量生産ができローコストです。洗浄力も高いので、手洗い用や一般的な洗顔石鹸は機械練り石鹸が主流です。

そして枠練り石鹸は、枠に流し入れて、時間をかけて冷やし固めて作る石鹸です。 たくさんの人手と時間がかかる作業が必要な工程を経て完成するため、少しコストが高くなり、どちらかというと手作り石鹸や高級石鹸のための特別な製法です。

#肌をメイクする石鹸は、出荷まで90日という長い時間をかけて、一つひとつ手作業で作られております。

機械練り石鹸の場合、98%を石鹸素地が占めるため、美容成分等を配合することが難しいですが、枠練り石鹸の場合は高配合で美容成分等を配合することが可能です。
溶けにくいというのも特徴の一つです。