意外と知らない!?正しい洗顔方法

毎日行う洗顔。その洗顔方法がもし間違っていたとしたら、、かなりのダメージを肌に与えてしまっていることになります。

毎日行うからこそ、正しい洗顔を覚えて、綺麗な肌を保ちたいものです。

今日は正しい洗顔方法について、今一度確認してみましょう。

 

正しい洗顔方法

 

①強く擦らない

これは多くの方が実践されているのではないでしょうか。いわゆる「泡洗顔」です。

たっぷりの泡を作り、その泡のクッションで肌を洗うイメージです。直接肌を擦ると、摩擦によって肌を傷めてしまうため、濃密な泡で包み込むように洗うようにしましょう。

さらにポイントとしては、キメの細かい泡を作ることで、毛穴の汚れもしっかり落とすことができます。

 

 

②ぬるま湯で洗う

冬は特に熱めのお湯で洗顔をしてしまいがちですが、熱いお湯で洗顔をすると、肌のバリア機能を壊してしまう恐れがあります。

毛穴から皮脂が溶け出す温度は、30℃32℃程度と言われており、ぬるま湯でもしっかりと落とすことが可能です。ですので、洗顔は30℃36℃程度のぬるま湯で行うようにしましょう。

反対に、冷水で洗うのもNGです。毛穴が一時的に縮んでしまい、しっかり皮脂を落とすことができません。

 

さらにポイントとしては、

乾燥肌・敏感肌の方は30℃〜34℃

普通肌の方は35℃程度

オイリー肌の方は34℃〜36℃

で洗顔を行うのが良いとされています。是非実践してみてください。

 

 

③すすぎは優しく十分に

顔の中心部はしっかりすすげたとしても、見落としがちなのが、髪の毛の生え際あご周りです。

泡が残っていると、肌荒れの原因になることがあります。また、バシャバシャと強く水を当ててすすぎを行うのではなく、手で水をすくって優しくすすぐようにしましょう。

面倒だからといって、シャワーを顔に直接当ててすすぐのも良くありません。

 

 

④清潔なタオルで優しく拭く

洗顔後、水分を拭き取る時はゴシゴシ擦らず、タオルを優しく当てて水分を拭き取るようにしましょう。

ゴシゴシ擦ると、摩擦によって肌にダメージを与えてしまいます。

また、汚れたタオルを使っていては、せっかく丁寧に行った洗顔が台無しです。

清潔なタオルを使用し、肌に雑菌などが繁殖しないようにしましょう。

 

しっかりスキンケアを行なっているのに、乾燥や肌荒れが改善しない。そんな場合は洗顔に問題があるのかもしれません。

まずは正しく丁寧な洗顔を心がけることが、美肌への第一歩となるかもしれません。